飯塚克也 official media

プリマヴェーラ神楽坂の美容師日記

ヘアカタの髪色って、分かりにくい時ありますよね。

   

日常的に美容の仕事をしていて、ふと思った事です。カウンセリング時にカタログを見ながら打ち合わせするのですが、ヘアカラーに関しては、ヘアカタログがあまり参考にならない時があります。

実際の髪色と、ヘアカタの違い

皆さんは、サロンでカラーリングをオーダーするとき、何を参考にしていますか?カラーチャートだったり、お店のスタッフさんだったりという方もいるかと思いますが、ヘアカタを見て決める方も多いでしょう。でも、ちょっと注意してほしいことが。

ヘアカタを参考にする時は、光の加減まで考えて

例えばこの写真のモデルさんの髪色はどうでしょう?見方によってはブリーチが必要なくらいの明るさにも見えます。撮影場所が窓際だったり、ストロボが強めだと、髪色は明るく見えますよね。実際のモデルさんの髪色は、11〜12レベルくらいでしょうか。撮影時の光加減に影響されて、実際より明るく見えています。

つまり、屋内で見た状態でこの明るさを目指すと、実際のモデルさんの髪色よりも明るくしないと同じには感じられず、しかし、そうすると今度は、モデルさんの雰囲気とは微妙に違って見えてしまうんですね。

カウンセリング時に、お客様が実際に求めているのはモデルさんの雰囲気なのか、それとも色の明るさだけの問題なのか見極めないといけません。また、明るさだけを求めた場合、仕上がりはどんな雰囲気になるのかも伝えてあげないと、お客様との意思疎通が足りずに、狙った仕上がりにならないことがあります。

とはいえ、熟練の美容師さんであれば、詳しくカウンセリングしてくれるはずですし、きっと貴女の思い通りのスタイルに仕上げてくれるはず。相性の良い美容師さんを探すのも大切ですね!

最近のカラーリングは、色の変化まで楽しむのが主流

最近多い、アッシュ系のカラーリングですが、特徴としては比較的、色の変化が起こりやすいといえます。赤みのあるカラーは色持ちしやすいですが、青みのあるアッシュ系は比較的色落ちしやすいんです。

最近では、色落ちをネガティブに考えるのではなく、綺麗な色の変化を楽しむカラーリングが増えてきています。

色落ちが気になるなら、ネイビーがおすすめ

2017年のトレンドでもあるネイビー系なら、色落ちもしにくくておすすめです。いわゆるアッシュ系と色の系統は一緒ですが、より深く色をいれるので、色落ちはしにくく、また落ちてきてもアッシュ形に移行するので、綺麗な髪色を維持することができます。

色の雰囲気から、男性にも女性にも人気の色味になりますので、雰囲気を変えたい方には是非オススメです!

流行を取り入れて、髪色を楽しんじゃいましょう!


クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 32mm C73310

新品価格
¥4,590から
(2017/10/18 15:09時点)

 - コラム, メンズ, レディース , , ,