飯塚克也 official media

プリマヴェーラ神楽坂の美容師日記

白髪染めのヘナについて詳しく解説します。

   

こんにちは。マンツーマン美容室、プリマヴェーラ神楽坂の飯塚です。今やカラー剤は種類もメーカーも豊富にありますが、通常の合成染料ではかぶれてしまうという方や、髪が傷むのが嫌という方もいらっしゃるかと思います。そんな時によく耳にするのが『ヘナ』と呼ばれるもの。でもヘナって一体なんでしょうか?

ヘナの原料

ヘナの原料は、ミソハギ科 シコウカ(指甲花)という常緑低木で、中近東原産の植物で、インドやアフリカ北部、中国南部で栽培されています。葉を乾燥させて粉末状にし、水分を足すとオレンジ色に染まる染料となり、ヘアカラーやヘナタトゥーなどに使用されています。

 

ヘナタトゥー

 

昔から儀式などで使われており、インドの女性が額につけるビンディにもヘナが使われているそうです。その他、薬草として、インド伝承医学でも古くから使われています。

ヘナの特徴

ヘナに含まれる「ローソニア」という成分が髪に絡みつき、色が染まります。また、髪の表面に皮膜を作り、保水力を高めてくれるのでハリ・コシが出ます。

ヘナは髪の染料として最適ですが、合成染料のように髪の色を明るくしたりすることはできません。主に白髪を染める時に使用されています。

ヘナでかぶれる時ってどんな時?

ヘナにも種類があり、100%天然成分で作られたものは「ナチュラルヘナ」と呼ばれています。植物成分なので髪や肌に優しいですが、植物に対するアレルギーがある方などは注意が必要です。また、天然成分のため、染まり具合にはバラつきが出ることがあります。

対して、酸化染料のパラフェニレンジアミンなどのを含むものは「ケミカルヘナ」と呼ばれています。こちらは植物由来の成分に、酸化染料を混ぜて作られたもの。ナチュラルへナに比べて様々な色が出せますが、パラフェニレンジアミンによってアレルギー症状が出ることがあります。合成染料によってアレルギーが出たことがある方はヘナでも出る可能性があるので、事前に必ずパッチテストをするようにしてください。

ヘナをおすすめする方

どんな方にヘナをおすすめするかといえば、白髪が気になる、髪にハリ・コシがなくなった、ツヤがなくなったなどの症状が気になる方です。年配の方に多かったのですが、最近は若い方でも、髪にツヤが欲しいとのことでヘナを使用する事が多くなってきました。

髪の立ち上がりがしにくい、根元にボリュームが欲しい、くせが気になる方などのお悩み改善に効果が期待できるもので、お悩みの方に是非お試しいただければと思います。

カラーリングの仕方、薬剤の選定などにお悩みの方、是非一度ご相談いただければと思います。神楽坂の美容師、飯塚克也でした!

 


クレイツ ヘアアイロン イオンカール プロ 32mm C73310

新品価格
¥4,590から
(2017/10/18 15:09時点)

 - コラム , , , ,